第38回勉強会「選挙権18歳引き下げの意義を問う」

神奈川県連が入っているKRCビルの大きい部屋をお借りして、衆議院議員木原稔先生(熊本一区、三期目)を講師にお招きし、第38回勉強会「選挙権18歳引き下げの意義を問う」をテーマに勉強会を行いました。

今勉強会では、木原先生にご講演頂いた後に青年局側と学生側に別れ質問を集約し、改めて木原先生にお答えを頂くという形式をとらせていただきました。普段の質疑応答では発言するものがどうしても限られてしまうのに対し、今勉強会の形式は簡単なディスカッション形式をとったため参加者全員が多少なりとも発言の機会を持つことが出来ました。これは一つ大きな収穫であったと思います。

テーマの内が学生部にとっては非常に身近な内容であり、尚且つ木原先生には今政府がどういった方針でこの計画を進めているのかを明確にして頂けたため、内容、運営共に実りある勉強会にすることが出来ました。

ただ一つ反省をするのであれば、集客数の少なさ、部員を増やすことが出来なかったことではないかと考えます。今勉強会の反省を生かし、次のステップに進めていきたいです。

また、勉強会後には木原先生をお招きし、居酒屋トークも行い、先生と近い距離で深いお話を聞くことも出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA